2‐1アドセンス審査攻略

こちらの記事では収益化する為に必要なGoogleアドセンスの登録、審査に通す方法を紹介しています。

まず、書きたい事を記事にするのではなく、スムーズにアドセンスの審査に合格するために、まずは審査用ブログとして記事を書いていく事をおすすめしています。

アドセンス は無料で登録・利用できるサービスですが利用する為には審査を受け、合格する必要があります。

まずはGoogleアドセンスの合格を目指してブログの収益化の為の準備を整えましょう。

アドセンス以外にも収益化する方法はあります。

その方法もきちんと紹介しますがまずはアフィリエイターの登竜門 Googleアドセンスの知識を深めてブログにアドセンス広告を載せれるようにしましょう。

アドセンスの審査を通す前にチェック

広告を載せるサイトの審査は年々とても厳しくなっているように感じています。

きちんとGoogleアドセンスについての知識をつけた上で審査に挑みましょう

Googleアドセンス審査を通りやすくする為のポイントを紹介します。

  • 禁止コンテンツは掲載していないか
  • SSL化 ✔️
  • サイトデザインをある程度整える
  • お問い合わせフォームとプライバシーポリシーの設置
  • 記事数と文字数
  • 記事の書き方
  • 有益な記事
  • 見出しとタイトル
  • 画像の使用について

順番に解説します。

禁止コンテンツは掲載していないか

禁止コンテンツとはアダルト、個人・組織を誹謗中傷するコンテンツ、アルコールやタバコに関するコンテンツ、ヘルスケア、医療に関するコンテンツは基本的にNGです。

審査前は「出産」に関する記事も”医療”コンテンツと判断される場合があるので避けましょう。

*ポイントサイトの紹介記事や情報もポリシー違反となります。

菜月
菜月

こちらの記事でも詳しく記載しているので目を通しておきましょう

404 NOT FOUND | サイトのタイトル

有益な内容の記事を投稿しているか

自己満足の記事ではGoogleから有益な内容の記事を投稿しているとは言えません。

例えばグルメブログなら「おいしかったー」等の感想だけではなく、近隣駐車場情報や混み具合、周辺の遊び場情報など誰かの役に立つ記事を投稿するようにしましょう。

SSL化

こちらはWordPressをインストールした際に済んでいるのでクリアしていますね。

サイトデザインを整える

デフォルトの状態よりもある程度整えている方が審査に通りやすい傾向にあります。

具体的な対策として、固定ページ化させる、ブログタイトルを画像にする、アピールエリアを作る。などの対策があります。

記事数と文字数

審査に出す基準として1記事1500文字15記事以上が良いと思います。

なかには5記事で合格‼︎などの強者もいるので絶対に15記事‼︎とは断言は出来ませんがある程度コンテンツが充実してからのが良いでしょう。

5記事で合格した方のサイトを拝見しましたが、かなりオリジナルコンテンツが充実していました。

文章の書き方・タイトルの付け方も個性的でサイトデザインにも凝っていた点がオリジナルコンテンツとして評価されたのだと思います。

記事の書き方

見出しとキーワードをしっかり意識しましょう。

・見出し1(タイトル)

・リード分

・目次

・見出し2(商品の説明)

・見出し3(商品の使い方)

・見出し2(メリット・デメリット)

・見出し3(メリット)

・見出し3(デメリット)

など。

見出しをしっかりつけると自然とコンテンツも充実し文字数も増えます。

読みやすくGoogleからも評価されるサイトとなります。(詳しい記事の書き方は次の項目で紹介しています)

更に詳しい記事の書き方はこちらを読んでね

有益な記事

自己満足な記事になっていないかがとても重要です。

「我が家の定番料理」

「今日のランチ」なんてタイトルの記事で読んでもらえるのは芸能人の方ぐらいです 笑

誰かが知りたいであろう記事を投稿することがとても重要です。

プライバシーポリシーの設置

2019年頃から注目されるようになった項目です。

サイト内にプライバシーポリシーを設置するとアドセンス審査に通りやすくなると言われています。

設置方法を紹介します。

・メニュー→設定→プライバシ

・【新規ページを作成】をクリック

 

・次にメニュー→固定ページ→固定ページ一覧をクリックして【プライバシーポリシー】が公開になっているか確認。

非公開の場合は【クイック編集】でステータスを【公開】に変更します。

・次にメニュー→外観→メニューをクリック

【メニュー構造】の下の空欄にわかりやすい名前をつけて【メニュー作成】をクリック(今回はフッターメニュー。にしました)

・すぐ上の【メニュー項目を追加】の項目で赤枠ないの【すべて表示】タブをクリック→【プライバシーポリシー】にチェック→【メニューに追加】クリック

 

・すぐ下のメニュー設定で【フッターメニュー】にチェック→【メニューを保存】

これでフッターにプライバシーポリシーが表示されるようになりました!

審査に通す前に上記の事がクリア出来ているかチェックしましょう!

画像について

画像については正直色々な噂があるのですが、審査段階では付けない事を推奨しています。

というのもGoogleアドセンス審査には

目視審査と機械審査があります。

目視審査となると審査基準が厳しくなるので、ここは出来れば機械審査で済ませてしまいたいですよね。

記事内に画像を入れてしまうと目視審査となる場合があるので記事内には画像は入れない方が無難です。

 

Googleアドセンス審査用ブログ具体的な作り方

①ジャンル設定

Googleアドセンスの審査に通過するためのポイントの1つとしてしっかりとユーザーに価値を与えることができているか!ということがあります。

審査に通す目的を果たすなら雑記ブログよりも1つのテーマに絞った専門性のある特化ブログのほうが評価されやすく審査にも通りやすいです。

専門性というと難しく感じてしまうかもしれませんが先ほど伝えたポリシーに違反していない分野の知識だったらなんでもOK

例えば自分の趣味に関する知識や好きなスポーツ、育児、料理、地域に関する事などなど。

気をつけるのは「感想」にならないようにする事。

誰かが読んで役立つ内容や豆知識を入れる事が大切です。

料理工程を紹介するだけでなく失敗してしまった場合のアレンジ方法や対処法。

育児であれば習い事に悩んでいる方の参考になるように、どのような流れでこの習い事を選んだか、ほかに比較した習い事、その結果の子供の変化…など。

地域であればおすすめのお店紹介+近隣の駐車場や遊び場、イベント情報など。

特に地域情報はおすすめしています。

雨の日でも無料で遊べる遊び場まとめやキッズスペースのある飲食店をまとめて紹介・公園紹介など。

(アドセンスに合格したの後に画像を付けるようにしましょう)

お母さんなら知りたい情報ではないでしょうか?

作った記事はすべてアドセンスが通った後もアクセス

を稼ぐ大切な資産になりますよ。

記事を書く練習だと思ってゆっくりでもいいので書いてみましょう

○○県内おすすめ大きな公園リスト なんてそうでしょうか?(^^)

 

②ブログ名

ブログ名はいつでも変更可能なのでブログ名もしっかり設定してGoogleにアピールしましょう。

 

例えば子育て情報を発信するブログ設定にするとして。

「菜月のまったり日記」

「〇〇在住の菜月が紹介するママの為のお得情報発信サイト」

どちらがユーザーに価値を与えそうか一目瞭然ですよね。

このようにタイトルもしっかり考えましょう。

③記事タイトル

記事タイトルも抜かりなく。

記事タイトルの付け方はブログで稼ぐためにかなり重要なポイントです。

ここでしっかり練習しましょう。

例えばお料理ブログをするなら

「ガトーショコラ作り方」ではなく

「お料理初心者でも失敗しない絶品ガトーショコラの簡単な作り方」など

記事の内容がわかるようなタイトルにするのがポイントです。

タイトルは25文字〜32文字がベスト

?や!など記号はGoogleからの評価が下がると言われているのであまり使わない方がよいです。

他にもはじめに説明したように

  • アイキャッチ画像をつける
  • 見出しを活用する
  • パーマリンク設定

以上の点に気をつけて記事を書いていきましょう。

15記事ほど記事が貯まったら

アドセンス申請してみましょう!!

もちろん必ず15記事とはいいません。

当たって砕けろ精神も必要なので、落ちてもあまり挫けず、次の審査に向けて記事の改良をしましょう。

スマホでGoogleアドセンス審査に出す方法

Googleアドセンス審査申請方法はこちらで紹介しています。

404 NOT FOUND | スマホアフィ部・スマホでハッピーライフ♡
スマホだけで累計423万円稼いだ方法知りたくない??

審査に出した後は

アドセンス審査に要する期間は本当にバラバラです。

最短で1日長い場合は数ヶ月待つ事もあります。

悩みを解決するようなブログだったり記事があると審査期間も早くなると言われています。

が、アドセンスに関して「絶対正解!」というのは月に何百万稼いでいるアフィリエイターでさえもわかりません。

こればっかりはGoogleさんからのお返事を待つしかありません。

審査期間中も記事は更新して構いません。

積極的に更新してブログがアクティブな状態だとアピールすると良いと思います。

 

審査に落ちてしまった場合

菜月
菜月

焦らなくても大丈夫!

アドセンスに落ちた場合、Googleから明確な理由は教えてくれませんが次の2つに分類されます。

  • アドセンスポリシー違反
  • 不十分なコンテンツ

順番に確認していきましょう。

アドセンスポリシー違反で落ちた場合

Googleの定める規約に違反すると、アドセンスポリシー違反として不合格なります。

再審査を申請する前に、Googleの定める規約を必ず熟読しておきましょう。

アドセンスポリシーに違反

コンテンツポリシーに違反

チェックポイント

✔️記事内に画像がある場合は削除する

✔️記事内に特定の企業・サービスをおすすめしている場合は修正する

不十分なコンテンツで落ちた場合

ブログの記事数やその中身が少ないと、不十分なコンテンツとして不合格になります。

記事数・文字数を増やして再審査に出しましょう。

アドセンスに合格

合格後の流れを紹介します。

まず、審査用に貼り付けていたコードを外します。

cocoon設定→アクセス解析→ヘッダー用コードに貼り付けているコードを消しましょう。

アドセンスを貼り付ける

まずはGoogleアドセンスにログイン

AdSenseにログインしたら「メニュー」ボタンを押してください。

AdSenseのメニューボタンをクリック

メニューが表示されるので「広告→サマリー」を選択します。

次の画面で「広告ユニットごと」をクリック

「ディスプレイ広告」を選択します。

広告選択画面で「ディスプレイ広告」を選択

ディスプレイ広告のプレビューは「スクエア」を選択

サイズは「レスポンシブ」

わかりやすい名前をつけて「広告1」や「サイト名でOK」

右下の「作成」をクリック

コードを全てコピー

次にcocoonに移動します。

メニュー→cocoon設定→cocoon設定→広告

全ての広告を表示に✔️

全てのアドセンス広告を表示に✔️

広告ラベルは「スポンサーリンク」などお好みの広告ラベルを入力

広告コードの空欄内に先程コピーしたコードを貼り付け。

保存でOK

*保存時に「403エラー」がでる場合

保存した時に「403エラー」が出る場合があります。エラーが出た場合は、赤枠の部分「<ins>〜</ins>」のみを残して、あとは削除してみてください。エラーが出なくなりますよ。

おすすめの広告設定

この位置が私のおすすめ。

詳細設定で広告の種類を変更する事が可能です。

  • 「トップ」にレスポンシブ
  • 「ボトム」にリンクユニット
  • 「本文上」にレスポンシブレクタングル
  • 「本文中」に記事内広告
  • 「本文下」にレスポンシブレクタングル
  • 「関連記事下」にダブルレクタングル
  • 残りはアドセンスにお任せ(オート)

で設定しています。

これは自分でサイトを確認してみてしっくりくる広告位置を見つけると良いと思います。

「ads.txtファイル」の警告について 

最後に 注意書きの「ads.txt」について Googleアドセンスにログインするとアラート(注意書き)で、「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」と表示されてるかと思います。正直、あまり収益には関係していないのですが目障りなので取ってしまいましょう!プラグインの「Ads.txt Manager」を使います。プラグインを新規追加→有効化「設定」タブ内の「Ads.txt 」をクリック設定画面の空欄に
「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」
と入力
「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えます。 

cocoonに貼り付けた広告コードで確認できるよ

保存クリック→完了

警告が消えるまで1週間ほどかかる場合があります。

これで収益化するための準備はバッチリ!

次はアドセンスで稼ぐための具体的な戦略をしりましょう→STEP2-2へ