2-2菜月流アドセンス収益化攻略

 

晴れてアドセンス審査に合格しブログにアドセンスを貼れるようになったら是非読んでほしい項目です。

私ははじめにお伝えしたようにアドセンスとアフィリエイトを上手く合わせていくつかのブログを運営しています。

闇雲にアドセンス広告を貼り付けるのではなく、きちんと戦略を立てて計画的にブログを収益化させましょう。

ASPには登録しましたか?

記事の内容に合わせてアドセンスを貼る記事、アフィリンクを貼る記事をきちんとわけるようにしましょう。

アドセンスを貼っちゃダメな記事もある

・アフィリンクで商品を紹介している記事

・商品を紹介している記事へ内部リンクさせ記事ている記事

どちらも売りたい商品アフィリエイトリンクで紹介していますよね。

この記事にアドセンス広告を載せてしまうと、訪問者の検索意図に沿って広告を表示されるアドセンスなのでアフィリンクと同じ広告や類似の広告が表示されてしまいます。

アフィリンクと同じアドセンス広告が表示される事も!

アフィリンクをクリックしてもらって発生するはずだった報酬もアドセンスをクリックされる事で数十円から数百円の報酬となってしまいます。

なのできちんとアドセンス広告を貼る記事とアフィリンクを貼る記事はわけるようにしましょう。

アドセンスにおすすめの記事ジャンル

アドセンスと相性の良い記事はずばり

・商品を購入しても解決しないお悩み記事

・トレンドネタ

順番に説明します。

商品を購入しても解決しないお悩み記事とは

・WordPressの設定方法

・人間関係の悩みに関する記事

・同居している義母の介護に関する記事

・ペットに関する心配

・折り紙の折り方

・小学校低学年におすすめの絵本

・目的地への行き方・所要時間

・ゲームの攻略

などなど。どれも最終的にアフィリンクで商品を紹介するのは自然ではないですよね。

きちんと悩み→解決に寄り添う事で離脱される事なく、記事を読んでもらえますし、この人が書いた他の記事も読んでみたい〜とサイトの回遊率も上がります。

特にお悩み記事で自分の経験や体験をもとに記事を作成するとオリジナリティが増しGoogleからの評価され上位表示されやすくなります。

・トレンドネタ

トレンドネタもアドセンスとの相性は抜群

特化ブログにしても雑記ブログでも「トレンド性のあるネタ」を入れていくのはとてもブログ運営に重要です。

比較的トレンドネタは生まれたてのブログやドメインパワー関係なしでアクセスが集まります。

アクセスが集まるとブログが評価されやすく、上位表示されやすくなる特性があるのでとてもおすすめ。

トレンド記事と聞くと

芸能人の噂話やワイドショーのような記事をイメージするかもしれませんが、必ずしも芸能人のトレンドを追う必要はありません。

芸能系・ニュース系のトレンド記事は一般的にアクセスが短期でばばばばーと集まります。が、消耗品となることが多いです。

一時期たくさんアクセスが集まっても旬がすぎるとあっとゆう間にアクセス急降下。

なので止まることなく書き続ける必要があるんです。

私がおすすめするトレンドネタとは中・長期でアクセスがあつまるネタの事。

例えば、新しいドラマの感想や思考、映画の情報、注目されている施設のリニューアル情報、地域のトレンド情報など。

3か月〜半年、場合によっては資産記事となる場合もあるので自分のブログに合いそうなネタがあれば積極的に狙ってみてくださいね。

アドセンスに適した文字数

Googleから評価されるためにも文字数は1記事2000文字は欲しいです。

文字数が多ければ多いほど良いと思っている方も多いですが、だらだらと書いてしまうと読者は「知りたいことがすぐに見つからなさそう」と読むのをすぐに辞めてしまいます。

4000文字を超える場合は2記事にわけた方が、アドセンスで収益化するのには適していますよ。

アドセンスに最適な広告設定

あたり前な話ですが、アドセンスは貼れば貼るだけ収益があがります。

以前は1ページあたり3つなでと制限があったのですが今は規約違反とならない範囲なら自由にアドセンス広告を出すことが可能。

規約違反とはコンテンツに干渉している・ユーザビリティを損なっていること
規約違反とまでいかなくても、あまりにベタベタ貼ってしまうと広告臭が強いサイトになってしまうのでほどほどに。
スマホでシークレットモード・プライベートモード・クロームアプリなどを使用して自分のサイトを確認してみましょう。

収益化しやすいおすすめの広告位置は?

実際に私が運営しているブログでの広告位置を紹介します。

全ての広告を表示に✔︎

全てのアドセンス広告を表示に✔︎

広告ラベル:スポンサーリンク

トップ:レシポンシブルレクタングル

ボトム:リンクユニット

サイドバートップ:オート

サイドバーボトム:オート

本文中:レシポンシブルレクタングル

半分下:リンクユニット

snsボタン下:レシポンシブルレクタングル

関連記事下:ダブルレクタングル

このスタイルに今は落ち着いています。

関連コンテンツ開放を目指そう

アドセンス関連コンテンツとは、記事内の関連する記事をおすすめしつつその中にアドセンス広告を掲載できる広告の種類。

全てのユーザーが使えるわけではなくある一定のPVやページ数などをクリアすれば使用可能となります。

関連コンテンツが登場するだけでアドセンスで稼げる金額が私は10%近く伸びました。

Googleなので条件というのはやはり公表されていませんが、まずは関連コンテンツ開放を目指しましょう♪

関連コンテンツが使えるようになると、メールでお知らせ&Googleアドセンスログイン後に”関連コンテンツが使えるようになりました”と通知があります。

自己クリックは絶対ダメ

自己クリックとは自分でアドセンス広告をクリックすること。

アドセンスアカウント停止になった事例もあります。

自己クリックには気をつけましょう。

 

アドセンスってどれぐらい稼げるの??

気になるところですよね 笑

アドセンスはGoogleが訪問者の検索意図や属性に応じて最適な広告を表示してくれます。

そして訪問者が広告をクリックしてくれたり、広告クリック後の行動によって単価が変動します。

ブログのジャンルや記事の内容によって単価は異なりますが

だいたい1クリック数十円〜数百円

Googleから公表はされていませんが、だいたいのPVとアドセンス収益の関係はこのようになります。

アドセンス収益の目標月収 1か月に必要なPV数 1日に必要なPV数
月収1万円 33000PV 1100PV
月収2万円 66000PV 2200PV
月収3万円 10万PV 3300PV
月収4万円 13万PV 4400PV
月収5万円 16万PV 5500PV
月収6万円 20万PV 6600PV
月収7万円 23万PV 7700PV
月収8万円 26万PV 8800PV
月収9万円 30万PV 1万PV
月収10万円 33万PV 1.1万PV
アドセンスだけで10万稼ぐにはとにかくアクセスが必要。
私はアドセンスだけに頼るのではなく、ASPアフィリエイトと上手く併用させたブログを運営をおすすめしています。
そうする事でアクセス数に頼る事なく安定的に収益化する事ができています。
アドセンスで稼ぐための知識を学んだところで具体的な記事の書き方を学びましょう!