アンパンマンミュージアム見本記事

【横浜】アンパンマンミュージアム横浜|初めて行く人は必見!攻略法と体験レビュー

 

横浜でアンパンマンの世界が体験できる人気のテーマパークで。

土日や連休は小さい子ども連れのファミリーでいっぱいです。

また、全国にあるアンパンマンミュージアムの中でも大型で、2019年には「バイキンの秘密基地」という新しい遊び場も新設されています。

中はガラス屋根で囲われた吹き抜けのアトリウムなので、雨の日でも気にせず一日遊ぶ事が可能ですよ!

私も5歳の息子を連れてよく遊びに行っていますので子どもが喜ぶ遊び場の情報や、ママやパパ達が気になる情報をまとめました。

 

施設名 アンパンマンミュージアム
電話番号
住所
営業時間
休館日
地図

車の場合

〇〇ランプより→約3分
〇〇ランプより→約7分

〇〇の地下駐車場に駐めると、アンパンマンミュージアムがある5階までエレベーターが直結しているので移動が便利です!160円/30分で駐めておく事ができます

地下鉄の場合

〇〇駅直結。
地下鉄を降りると、アンパンマンの絵と一緒に床にある目印が、入り口に続くエレベーターまで案内してくれます。

バスの場合

〇〇で下車すぐ
〇〇2・3番のりば→約10分
〇〇→約7分

 

横浜アンパンマンミュージアムのチケット(入場券)の購入について

アンパンマンミュージアム福岡の料金

大人:1800円
子ども(1歳以上):1800円

※入場券は2019年3月より、1500円から1800円に値上がりしました。
※指定の障がい者手帳をお持ちの方(つきそい1名まで)は、手帳の提示で半額に。

1歳から小学生まで記念品がセット

写真

1歳から大人まで、一人1800円の入場料がかかりますが、1歳から小学生以下のお子様には記念品がついてきます!今回行った時は、アンパンマンやバイキンマンのポーチでした。

ちなみに前回行った時は小さいタンバリンのおもちゃだったので、数ヶ月おきに記念品は変わるようです。公式ホームページで、その月の記念品は何を貰えるかをチェックする事ができます♪

前売り券の購入

前売り券は「ローチケ」で購入する事が可能です。随時いつでもネットやローソンの券売機で購入できます。連休などで混雑する時でも前売りを購入していればスムーズに入館する事ができます。

i-ticket:https://l-tike.com/

 

年間パスポート

アンパンマンミュージアム限定の年間パスポートは毎年〇〇月から期間限定で販売されています。

ミュージアムに一度入館してから中でしか買えないので、購入時には年間パス5000円とその日の入場料1800円がかかってきます。

数ヶ月で販売終了する事が多いです。

 

横浜アンパンマンミュージアムの見所

写真

全国5ヶ所にアンパンマンミュージアムはありますが、横浜アンパンマンミュージアムにしかない遊び場や見所があります。

実際に行く前に「ここはぜひ楽しんで欲しい!」と思う見所をピックアップしました。

ステージイベント

写真

吹き抜けの真ん中にある「やなせたかし劇場」では、土日も平日も問わず毎日数時間おきにステージイベントが開催されています。

一番人気なのはお昼過ぎ1時30分から行われる、「みんなで踊ろう♪だんす!だんす!ミュージアム」のステージです。

30分くらい前からステージの周りには人が集まってくるので、前の方でアンパンマン達と踊りたい場合は早めに場所取りをしておくのをおすすすめします!

また、ステージの時間以外にもキャラクター達が登場して握手できるので、時々ジャムおじさんや食パンマンと触れ合う事もできます。

ここのステージの真上は天井がガラス張りなので、夏はエアコンが効いていても暑く感じたり…!ステージで一緒に踊ったりして子どもが汗をかく事があるので、脱ぎ着できる服装にしておくのがおすすめですよ!

 

みんなのまち

写真

アンパンマンの世界が楽しめる、「みんなのまち」はお子さんの写真をたくさん撮るのにぴったりなスポットです。

どんぶり屋さんやお寿司屋さんの作りになっており、壁の仕掛けなどで遊ぶ事ができます。ここは入場してすぐの6階で最初に目に入ってくるので、アンパンマンのお店が広がる様子に子どもは興味津々のはず!

 

バイキンの秘密基地

写真

2019年3月から新しくアンパンマンミュージアムに新設された遊び場の、「バイキンの秘密基地」です。

ここではクッション状になっているフロアで思いっきり走り回ったり、だだんだんの操縦席で遊ぶ事ができます。

バイキンの秘密基地ができてからすぐは人が多かったのですが、2019年現在は土日でもそこまで混雑する事なく遊ぶ事ができます。

アンパンマンショップ

写真

アンパンマンミュージアム横浜の中には、アンパンマンのグッズが買えるお店が〇店舗!

その中でも、アンパンマンショップは、「ここに来ればアンパンマンのグッズが何でも揃う!」というおすすめのお店です。

店内にはおもちゃで遊べるコーナーもあるので、子どもが夢中になって動かない…なんて事もよくあります。

横浜限定商品や名前入りグッズを買えるお店もおすすめです。

みみせんせいの工作教室

アンパンマンやバイキンマンのお面を作ったり、フォトフレームを工作する事ができます。

特に、お誕生日のお子さんがいる場合は、インフォメーションで受付をすると先着50名で14:30〜毎日誕生日会を開いてくれます!(その日が誕生日じゃなくても、誕生月であればOK)

他にも人形劇や紙芝居など、定期的に毎日10分〜15分程度のイベントが行われているので、受付でイベント時刻をチェックしておくといいですよ。

横浜アンパンマンミュージアムで食べられるおすすめの飲食店

写真

館内には、レストランや軽食が食べられるお店が〇店舗あります。

ここでしか食べられない、アンパンマンやキャラクター達を型どったり絵柄が載っている可愛いフードが人気です。

ジャムおじさんのパン工場

写真

ジャムおじさんのパン工場は、時間によっては行列ができるくらい一番人気のお店です「パンだけ買いに行きたい!」と言う場合にも入場料が必要なので、その場で食べられなくてもお土産に買って帰るのもおすすめ。

ドキンズハートシェイプカフェ

写真

ハンバーガーやホットドックが食べられるファーストフード店である、「ドキンズハートシェイプカフェ」。ピンク色の店内が可愛く、女の子が喜びそうなお店の作りになっています。

子ども用のハンバーガーやカレーのセットもメニューにあり、さらには珍しくビールも注文する事ができます!

少し奥まった席もあるので、小さい赤ちゃん連れの場合でもゆっくり休憩できるお店です。

アンパンマン&ペコズキッチン

ぺこちゃんとアンパンマンが入り口に座っているのが目印の、レストラン!カレーやパスタなど、ファミレスらしいメニューがたくさんあります。

アンパンマンの大きなぬいぐるみと一緒に記念撮影をしたり、名前入りのデザートと一緒に店員さんがハッピーバースデーの歌を歌ってくれます!

来店時に店員さんに言うとみんなで祝いしてもらえるので、ぜひ家族で誕生日をお祝いするのにぴったりのお店です。

お弁当などの飲食物の持ち込みについて

館内には休憩できる椅子やテーブルが多く用意されていますが、アンパンマンミュージアムでは飲食物の持ち込みが不可となっています。

しかし、アレルギー対応食、離乳食、子ども用の水分補給のための飲み物は可能です!

ちなみに、アンパンマン&ペコズキッチンには「低アレルギープレート」がメニューにあります。

横浜アンパンマンミュージアム周辺にあるおすすめのホテル情報

横浜アンパンマンミュージアムが入っているベイエリア周辺は、ビジネスホテルが多く、徒歩圏内でもファミリーで泊まれば安く宿泊する事が可能です。

また、小さいお子さんは添い寝であれば無料のところが多くあります。

〇〇ホテル

県外から横浜アンパンマンミュージアムを利用するファミリーに一番おすすめなのが、「〇〇ホテル」です。

子連れに優しいホテルで、赤ちゃん連れのママにも助かる様々なグッズの貸し出しをしてくれます。

  • ベットガード
  • ベビーカー
  • 紙おむつ
  • おしりふき
  • 哺乳瓶消毒セット
  • おねしょマット
  • おもちゃや絵本

他にもママに助かるグッズを全て無料で貸し出してくれます。

さらに一番嬉しいのが、18歳以下は添い寝無料!

5歳以下や3歳以下無料のホテルが多い中で、子どもの宿泊料金がかからないのは嬉しい特典です。

また、アンパンマンミュージアムまで徒歩3分程度で行ける距離にあるので、移動もすごく便利となっています。

参考:楽天トラベルでホテルをチェック

 

〇〇ホテル

アンパンマンミュージアム横浜から徒歩3分の所にあり、とても便利です。ここの朝食は美味しい!と評判なのですが、実は5歳以下は無料で食べられるんです!

ファミリー向けの4~6人部屋も用意されており、添い寝であれば5歳以下は無料で利用できます。

参考:楽天トラベルでホテルをチェック

横浜アンパンマンミュージアムの混雑状況は?

 

横浜アンパンマンミュージアムは、土曜日よりも日曜日が混雑するイメージです。

時間帯で見ると、アンパンマンと一緒に踊れるステージがある13:30〜くらいが、一番人が多くなってきます。

しかし、土日は多少混雑する事があっても、平日は思っている以上にお昼時でも空いています。

人気のステージイベントも席どりをしなくても前の方で観ることができるので、平日にゆっくり行ってみるのもおすすめです!

横浜アンパンマンミュージアムへ赤ちゃん連れで行く場合の情報

赤ちゃん連れで来場する場合に、覚えておいて欲しいポイントがあります。まず、ベビーカーに乗せて入る事はできますが、館内はベビーカーの利用が禁止されています。

入り口のベビーカー置き場に置いてから中を回らないといけないので、必ず抱っこ紐も一緒に持参しましょう!

また、授乳室は2箇所あり、おむつ交換台や調乳器も用意されていますし、オムツはアンパンマンテラスで購入する事も可能です。

おすすめの休憩場所写真

 

ここは土日でも本当に人が少ない穴場のような所なので、赤ちゃんとゆっくり休憩する事ができておすすめ。

アンパンマンミュージアムの中は持ち込み不可なので、ここでお弁当を食べさせてから再入場する事もできます。

横浜アンパンマンミュージアムのまとめ

アンパンマンミュージアム福岡

1歳から6歳くらいまでが対象かな?

という感じなので、ぜひお子さまが小さいうちに連れて行ってあげたり、誕生日をお祝いしてもらうときっと思い出に残るはず。

ぜひ、横浜アンパンマンミュージアムに家族で遊びに行ってみてくださいね♪